NEWS & RACES

2022.01.18

2022年全日本スーパーフォーミュラ選手権に2台体制で参戦!

チームゴウ、2022年全日本スーパーフォーミュラ選手権に2台体制で参戦

・チーム代表および社の代表取締役に池田和広が就任

 

株式会社チームゴウモータースポーツは、エントラント名「TEAM GOH(チームゴウ)」として、2022年全日本スーパーフォーミュラ選手権に2台体制で参戦いたします。

また、これを機に、チームゴウの創設者であり、これまで当社の代表取締役を務めてきた郷和道(ごうかずみち)に代わり、池田和広(いけだかずひろ)がチーム代表および社の代表取締役に就任いたしました。

池田は2002年にチームゴウに加入し、2004年の第72回ル・マン24時間レース総合優勝も経験するなど国際レースでの経験を積み、以降も今日にいたるまで様々な立場からチームゴウの活動に関わり、貢献してまいりました。今後は自らが組織の先頭に立ち、チームの顔として、「世界で戦い、勝利する」というチームゴウのDNAを継承していくことになります。

なお、ドライバーや監督、ゼッケンおよび車名などを含む今季の全日本スーパーフォーミュラ選手権参戦体制の詳細については、後日改めてお知らせいたします。

以 上

2021.11.01

大津選手、2021年ルーキー・オブ・ザ・イヤー獲得!

2021年 全日本スーパーフォーミュラ選手権 第7戦 第20回JAF鈴鹿グランプリ

2021年シーズンの最終戦、鈴鹿大会は決勝5位でフィニッシュし、大津選手はみごと2021年ルーキー・オブ・ザ・イヤーに輝きました。

■田中 監督コメント
今年を締めくくる最終戦のレースが終わりました。
野尻選手、大津選手ともスタートポジションから順位を上げてゴールし野尻選手は3位表彰台、そして大津選手は5位で6ポイントを獲得し逆転でルーキーオブザイヤーを獲得してくれました!
レースの順位としてはもっと上位で、とも思いますが今日の結果にはチーム全員が満足していますし、最終的に#16 TEAM MUGEN 野尻選手 チャンピオン!
#15 Red Bull MUGEN Team Goh 大津選手 ルーキーオブザイヤー!
と、チームとして最高のシーズンでした。
今シーズン無事にレース日程が開催された事について感謝しなければなりませんし、それにはまず最初に医療に従事されている関係者の皆様に感謝の気持ちを伝えたいです。そしてレース運営に係る関係者の皆様、スポンサー様、いつもサーキットで応援をして頂いているファンの皆様、またサーキットに来場できず映像を通して応援をして頂いているファンの皆様、本当に多くの皆様に感謝を申し上
げます。本当に有難うございました。
既に来シーズンに向け更に強いチームにすべく動き出しておりますので、引き続きご支援、応援をお願いします。
■大津選手コメント
今シーズン、沢山の応援をくださり、ありがとうございました。
今年、ルーキーとして参戦させてくださり、チームの助けもあり、栄誉あるルーキーオブ・ザ・イヤー獲得する事が出来ました。
ありがとうございました。
野尻選手と同じチームで戦わせてもらって、ドライバーとしても、いろんな事を吸収する事が出来て、とても充実した1年になりました。そしてルーキーオブ・ザ・イヤー獲りましたけど、ドライバーとしてもっと速く、強くなれるように頑張ります。
皆様の応援も力になりました。ありがとうございました。
これからの大津弘樹への応援を引き続き宜しく御願いします。

2021.10.30

2021年最終戦鈴鹿、予選はQ3まで進出するも、P7

10月30日(土)に、2021年 全日本スーパーフォーミュラ選手権 第7戦 第20回JAF鈴鹿グランプリの予選が行われ、大津選手はQ3まで進出しましたが、思うようにタイムが伸びずにP7となりました。
大津選手のコメント動画はこちらから。

■田中 監督
前回のもてぎ大会で#16野尻選手はチャンピオンを確定し、そして#15大津選手はポールトゥーウィンを決め、ここ最終戦鈴鹿大会でチームタイトル、大津選手はルーキータイトルを獲るために、更に攻める姿勢で鈴鹿に入りました。
車のバランスは#16野尻選手、#15大津選手とも決して悪くはなく新しいセットを詰めていったのですが、結果的に思い描いた速さには到達出来きず、今日の予選結果となりました。
そうは言っても、そんな中で2人ともQ3へ進出ししっかりと仕事をしてくれました。そして十分に上位でゴールできるポジションですし、当然ですがチームタイトルを、大津選手はルーキータイトルも獲るためにチーム一丸となって戦いますので応援お願いします!
■野尻選手
前大会で念願のドライバーすタイトルを獲得でしました。
皆様の暖かい応援があったからこそ、チャンピオンを獲得出来ました。ありがとうございました。
そして今日の最終戦鈴鹿の予選を5番手で終えました。
本来、自分が望んでいたポジションではないんですけれども、明日に向けてしっかりと解析して優勝狙えるところまで持っていける様にします。今日の5番手は優勝を狙える位置ではありますけれども、チャンピオンドライバーとして”を考えると少し情けない予選だったと思いますので、明日しっかりと良い走りをして挽回しますので、明日も強く熱い応援を御願いします。

2021.10.18

ポール・トゥ・ウィンで初優勝!
▪️田中監督コメント
今日はRed Bull MUGEN Team GohとTEAM MUGENにとって最高の日となりました。
#15大津選手はSFレギュラーシーズン1年目で初ポール 、初勝利をあげました!
#16野尻選手はSFで初めてとなるチャンピオンを獲得する事ができました!
今シーズン、日程通りレースを開催して頂いたことにとても感謝しています。
その背景には医療に従事された関係者の皆様の日々の大変な戦いがあったからこそと思っており、それには感謝しかございません。
そして、感染防止のために尽力された関係者の皆様。また、この様な状況のなか継続して支援をして頂いたスポンサーの皆様、応援をして頂いたファンの皆様に感謝を申し上げます。
今週末のレースは天候による先読みという部分で予選からとても難しい戦いでした。その難しい状況でそれぞれのドライバーが最善を尽くし、そして、それに対しスタッフが的確な判断と作業を行いドライバーを送り出す、というサイクルがとてもうまく行きました。
大津選手は、予選からの難しい状況の中で本当によく頑張ったと思います。
今回の結果が大津選手の本来の実力だと思っていますし、大津選手が優勝した事をとても嬉しいです!
野尻選手は決勝スタート後にポジションを落す展開となりましたが、これに対しネガティブな思いは無く、優勝を狙った攻めの作戦が裏目に出た結果でした。そ
の状況でチャンピオン獲得というプレッシャーの中で冷静走りで結果チャンピオンを獲得しました!
改めて関係者の皆様に感謝を申し上げます。
まだ最終戦が残っていますが、最終戦も攻めの姿勢で全力で戦いますので、引き続き応援をお願いします!
▪️大津選手
皆様本当に、ここまで応援してくださり、ありがとうございました。
本当にうれしいの一言に尽きます。昨日の予選では、たまたま僕だけがスリックタイヤを履いている状況でポールポジションを獲得して、言ってしまえばラッキーな部分もありましたが、今日の決勝ではしっかりと戦い抜いて優勝を獲得できたので、本当に最高の一日になりました。
日曜フリー走行とウォームアップ走行のペースが良くなかったので、チーム・エンジニア達と相談してスターティンググリッド上でセットアップを大幅に変更してスタートに臨みました。それも良かったし、セーフティーカーが出て、ウエットからスリックタイヤに交換するタイミングもすごく良かったです。
メカさんも、きちんと準備してくれてピット作業も早くコースに送り出してくれました。
事前のミーティングでもセーフティーカーが出た場合の想定が出来ていたし、チームに力を強く感じました。
後続車からのプレッシャーもありましたが、以外に冷静に回りを見ながら落ち着いていろいろなことを対処できた事が勝てた要因だったと思います。
これからも自分を進化させて、もっともっと強くなれるよう頑張ります。
これからも熱い応援を宜しく御願いいたします。
ありがとうございました。

2021.10.16

第6戦もてぎ大会、初のポールポジション獲得!
■田中 監督
今日は本当に難しいコンデションの中での予選でした。
そんな中で #15大津選手がとても素晴らしい活躍を見せてくれました!!
大津選手、ポール獲得おめでとう!!!チーム全員がとても喜んでいます!
そして#16野尻選手も、チャンピオンというプレッシャーがかかるこの状況で、
速さと堅実な走りをしてくれ予選3位1ポイントを獲り、きっちりと仕事をして
くれました。本当に高いレベルでの安定感は凄いものを感じます!!!
何と言っても今日の主役は大津選手ですね。Q3で1台だけドライタイヤというギャンブル的な作戦ではありましたが、Q2までの戦いがあってのQ3の作戦でもあったので、決してギャンブルだけでなく状況判断があり大津選手が頑張った結果のポール獲得なので本当に嬉しいです。
明日のレースの結果により野尻選手のチャンピオンが決定しますし、大津選手の初優勝にも期待しています。チームにとって最良の結果となるようチーム一丸となって頑張りますので応援をお願いします!
■大津 選手
今日、このスーパーフォーミュラー第6戦茂木大会でポールポジションを獲得することが出来ました。
いつも応援して頂いた方々に、少しでも恩返しが出来たと思います。ありがとうございました。
走り始めから順調にメニューを消化して、セットアップをエンジニアと話しながらまとめる事が出来ました。
このポールポジションは本当に嬉しいです。
明日は先頭からスタートして自分の持っている力を最大限出し切って、優勝獲得出来るように精一杯頑張ります。
明日も皆さんの熱い御声援を宜しく御願いいたします。

2021.08.30

第5戦もてぎの決勝は10位フィニッシュ、悔しい結果に
2021 SUPER FORMULA Round 5 Twin Ring Motegi
予選7位、決勝10位
決勝コメント
■田中 監督
野尻選手がやってくれました!
優勝です!有難うございました!
夏のもてぎで速さを出すということはチームの課題でもあり、今週末は予選でコースレコードを記録しレースもトップを譲らないレース展開で優勝する事ができました。野尻選手の速さを改めて思い知らされたとともに、もてぎで圧倒的な速さで結果を残せた事に特別な思いを感じています。
それにしても野尻選手、週末を通して期待をはるかに超える走りを見せてくれまし、全てのセッションで安心して見る事が出来ました。唯一心配だったレースのスタートも見事に決めてくれて完璧な週末でした。
大津選手はスタートの1コーナーのポジション取りが結果的に良くなく、ポジションを1つ落しました。そしてその後、意図しない車の挙動の乱れにより更にポジションを落す事になりました。車のバランスは良く大津選手も週末を通して本来の実力出し良い感じで乗れており、表彰台も見えていただけに残念な結果でした。
工場に戻り問題の原因をつきとめます。そして次のレースでは確実に結果を出せると思っていますので期待していてください。
今週末のレースに完璧な仕事をしてくれた2人のドライバー、エンジニア、メカニック、チームスタッフ、お疲れ様でした!凄く頑張ったと思います!
そして、医療に従事されている多くの皆様が日々頑張っておられるからこそと思っており感謝の気持ちしかありません。
そして、スポンサーの皆様、関係者の皆様のご支援、ファンの皆様の応援のも感謝しています。
残り2戦、チャンピオン獲得に向け全力で戦いますので応援をお願いします。

■大津選手

悔しいレースになってしまいました。
7位走行中にリヤが滑り少しコースをはみ出したときにアンチストールに入ってしまって、何台にも抜かれてしまいました。
昨日の走りはじめは良かったのに、まとめきれなかったのは反省点です。
1セット目の車のオーバーステアーが大きかったんです。
レースの作戦は早目にPITに入る事でした。同じ作戦を考えていたチームは当然いましたが、作戦は問題ないと思います。
もっともっと冷静に対処して、チーム一丸となって頑張ります。必ず結果を出すよう努力をします。
野尻先輩は完璧でした、おめでとうございます。
応援してくださった関係スポンサーやチームの皆さんにもっともっと貢献出来る様、頑張ります。
サポートしてくださった皆様、ありがとうございました。

2021.08.29

第5戦酷暑のもてぎ大会、予選はP7
■田中 監督
この様な状況の中で複雑な思いはありますが、様々な関係者の皆様の理解とご尽力により今回のSUPER FORMULAもてぎ大会が開催されたことを感謝申し上げます。
そして今日の予選で#16野尻選手がポールポジションを獲りました!と、最高の報告ができてとても嬉しいです。
もてぎは長年苦戦を強いられてきたサーキットでなかなか結果を出す事ができませんでしたが、そのもてぎで野尻選手が圧倒的な速さでがポールを獲ってくれました。これはドライバーにとってもそうですが、チームスタッフにとってもとても価値のある結果だと感じています。
#15大津選手は、午前中の走行から調子が良く手応えを感じ予選に挑み前回の菅生大会に続きここもてぎでもQ3進出してくれました。7位という順位で健闘はしてくれましたが、もっと上位に行けるパフォーマンスがあっただけに悔しいという思いです。明日のレースはこのパフォーマンスを活かして上位でゴールしてくれると思います。
野尻選手、大津選手、そしてエンジニアとメカニックと全員がとてもすばらしい仕事をしてくれました。

決勝レースの明日が本番です。改めて気を引き締めて最良の結果を目指し頑張りますので応援をお願いします。

 

■大津選手
この暑さの中で、準備してくださったメカさんエンジニアさん、応援してくださる関係協力会社の皆様、今週のレース開催が安全に行われる事に、感謝します。
今日は走り出しから、車の感触は良かったです。テスト走行メニュー通りに何項目かを試して車の変化を見る事が出来ました。
路面温度が変化していく中で、予選のQ1、Q2は良かったですが、Q3で少し自分が行き切れなかったところがあったかと思います。
ポールを狙っていたので悔しいし、まとめきれなかった反省点を整理して次の大会の予選に繋げます。
野尻さんは速かったです。吸収できるところを学びます。
明日のレースはスタートをきちんと決めて、表彰台を目指して頑張ります。
引き続き、応援を宜しく御願いいたします!

2021.06.21

第4戦SUGO大会、10位でフィニッシュ。辛くもポイントは獲得。
2021 SUPER FORMULA Round 4 SUGO
予選8位、決勝10位
「予選の結果が最後まで影響するレース結果に」
決勝 コメント
▪️田中 監督
今日の決勝レース、大津選手はレースでの速さを取り戻したもののスタートの失敗が響き10位でレースを終えました。
応援して下さったファンのい皆様に申し訳なく思います。
あたりまえですが、やはり昨日のWetでの予選結果が全てで、そして今日の決勝レースのスピードもまだ本来の速さではなく、コンスタントに上位の結果を出すためにはまだまだ不確定要素の問題を解決する必要がある事を実感しました。
次戦もてぎ大会に向け、問題の解決に取組みしっかりと準備をすすめていきますので、引き続き応援をお願いいたします。

▪️
大津選手
結果が10位でポイントはとれましたけど、スタート8位という順位から下がった事と、いつも得意としていたスタートが失敗しました。中団グループという混戦の中での立ち回りが出来なくて、そこで順位を挽回できなかった事が最後まで響いた感じでした。
タイヤを代えたセカンドスティントはフィーリングもペースも良くて前の車をプッシュしていたんですけれど、抜けずに終わったのは悔しい結果でした。
いろいろな発見や課題も見つかったので、後半戦が始まる次から更にレベルアップして戦います。
もはやルーキーとか言っている場合ではないので、表彰台にのぼれる様に頑張ります。
応援してくださった皆様、ありがとうございました。

2021.06.20

第4戦SUGO、雨の予選、力を出し切れず
■田中 監督
今日はフリー走行、予選とも完全なWetコンデションでした。前回のAP大会がWetで速さをここ菅生でも活かせると期待していましたが、異なる路面の変化に対しうまく合わせ込むことが出来ず期待してた結果には遠く及ばずでした。
走り出しのバランスが良くなかった今日の流れを考えると大津選手はQ3に進出、結果は8位でしたがよく頑張ったと思います。
野尻選手は、Q2のポジション取りや赤旗の影響でQ3へ進出できず10位という結果はさすがに残念でした。
速さを出せなかった原因を解析しなければなりませんが、明日はドライでのレースが予想されるので、気持ちを切り替え明日のドライコンデションに対しに表彰台を狙うべく車を仕上げます。野尻選手、大津選手そしてチームスタッフがきっと良い仕事をしてくれると信じていますので是非期待して下さい、そして、応援お願いします!
▪️大津選手
東北シリーズのスーパーフォーミュラー第4戦、ここ菅生にやってきました。
予選総合結果は8位でした。
朝のフリー走行から、雨量の変化するコンディションでドライブも車のセッティングも難しい状況だったのですが、まずQ3へ進出できた事は一つの目標だったので、良かったです。
もっと上位を目指していたので、この順位は正直悔しいです。
明日は天候は良くなりドライのレースになるので気持ちを切り替えてポジションを上げていきます。
得意なスタートを決めて、戦略もきちんと考えて表彰台を目指します。
応援してください、宜しく御願いします。

2021.05.17

悪天候で大荒れの第3戦は6位フィニッシュ

■田中監督
決勝は悪天候によりわずか11周のレースとなってしまいました。どうしようもないことではあるのですが、天候の悪いなかサーキットへ足を運んでくれたファンの皆様、テレビ中継を通じて応援していただいているファンの皆様、そして関係者の皆様に本来のスピードでのレースをお見せできなかったことを残念に思います。ドライバーも車両も高いレベルで闘えるコンディションだったので、チームとしても期待していただけにとても残念なレースとなってしまいました。

 

野尻選手はスタート直後の1コーナーの混乱に巻き込まれ、大きく順位を落しましたが、その後ストレートで一気に3台を抜き去るという素晴らしい速さと見せ場をつくってくれました。あのまま良いコンデションでレースを続けさせたかったですね。

 

大津選手は得意のスタートをウエットコンデションでも見事に決めて、11位から4位にジャンプアップするパフォーマンスを見せてくれました。その後は車のバランスにより、思うように車をコントロールできず順位を落しましたが、結果的には6位で終わり、前戦に続き2戦連続でポイントを獲得しました。

 

今回のオートポリスラウンドは、結果以上に内容の部分で次につながる大きな収穫がありました。チームスタッフ全員が前向きで高いモチベーションを維持していますので、次戦のSUGOラウンドに期待して下さい。

 

■大津選手
僕は11番手からのスタートとなりました。雨風と天候の良くな決勝で大事なのは「ミスなくコース上に留まること」を念頭にレースに臨みました。スタート直後の1コーナーの波乱を、イン側からうまく通り抜けて3位まで上がることができましたが、リスタート後はフロントタイヤがオーバーヒートして摩耗したのか、アンダーステアがひどくで順位を保つことができなかったです。

 

ただ11番手から結果6位で終わった点については前向きに考えて良かったことだったし、波乱のレースでコース上に留まって結果を出せたのは良い収穫だったと思います。でも3位をキープできなかったのは正直ずごく悔しいです。

 

振り返ればペースダウンの落ち幅が他車に比べて顕著だったので、車のセッティングや他にやれることがあったんじゃないのか、チームと分析して次のレースでさらならレベルアップを目指します。ここまでの3戦でいろいろなことを経験して、ドライブの面でも、車の面でも改善できることはあると思います。しっかりと学習をして次のレースではこれまで以上の結果を残せるよう頑張ります。

 

サポートしてくださっている関係者の皆様、応援してくださったファンの皆様にもっと良い結果をお伝えできるように頑張ります。ありがとうございました。

 

詳しくはこちらから。

2021.05.15

第3戦オートポリス大会、予選は11位
■田中 監督
オートポリス大会は事前の予報で雨と分かっていて、そして雨のセットに関してはシーズン前のテストで良いデータが獲れていた事もあり、今回のオートポリスは楽しみでもありました。
午前のフリー走行、車のバランスは十分に戦えるパフォーマンスがある事が確認でき、予選でもフィーリングは良く期待してたいのですが、雨のオートポリスはやっぱり荒れますね、4回の赤旗中断で満足のいくタイムアタックができないまま予選を終える事となりました。
ドライバーもスタッフも消化不良となる予選となりましたが、これは、他のチームも同じ条件で戦っているので言い訳にならない事も理解しています。
スポンサー様、関係者の皆様そしてファンの皆さんに良い結果を報告できず申し訳なく思っています。
明日の決勝、チーム全員気持ちを切り替え、より上位を目指し確実にポイントを獲得するレースをしますので、応援よろしくお願いします。

 

■大津 選手

皆さん初日、お疲れ様でした。
事前の下調べをして乗りこんだこのオートポリスでしたが、今日1日を通して難しい予選でした。
フリー走行から雨と赤旗も出て走れない時間もあったし、コンディションが凄く変りやすい天候だったので、そんな中でも自分自身がトレーニングの詰めがまだまだ出来てなくて、目標の位置に到達するまでの速さが足りなくて結果的に11位となりました。
悔しい気持ちがありますけど明日が本番のレースなのでしっかりと学習してポイント獲得と表彰台を目指して頑張ります。
応援宜しくお願いします。

2021.04.26

第2戦鈴鹿は5位フィニッシュでポイント獲得

2021年4月24日(土)/25日(日)に開催された2021 全日本スーパーフォーミュラ選手権の第2戦、鈴鹿大会において、Red Bull MUGEN Team Gohの15号車を駆る大津弘樹選手は9番グリッドからスタートし5位でフィニッシュ、初ポイントを獲得しました。

詳しくはこちらから。