NEWS & RACES

  • TOP
  • NEWS & RACES
  • 三宅淳詞、第6戦はスタート直後にマシン損傷でリタイア
2022.07.18

三宅淳詞、第6戦はスタート直後にマシン損傷でリタイア

2022年全日本スーパーフォーミュラ選手権第6戦

富士スピードウェイ(4.563km)

 

・7月16日 予選: 12番手(1分38秒435)

天候:雨、22℃  路面:ウェット、24℃

・7月17日 決勝: DNF 

天候:晴れ、27℃  路面:ドライ、37℃

7月17日(日)、2022年全日本スーパーフォーミュラ選手権第6戦、今シーズン2回目となる富士大会の決勝が行われ、12番グリッドからスタートしたTEAM GOHの55号車、三宅淳詞は、スタート直後の複数台接触の混乱の中でフロントウイング、フロントアーム、およびアンダーパネルを損傷し、リタイアを余儀なくされました。

◆ドライバー 三宅淳詞 のコメント

「土曜日の予選では、朝のFPでクルマのパフォーマンスは調子が良さそうなこともわかっていたのですが、黄旗、赤旗などの影響もあり、タイミング良くアタックすることができず、不完全燃焼で終わってしまいました。ただ、決勝に向けて、マシンのフィーリングは良くポジティブでした。日曜日朝のFPでもそこは確認できていたのでチャンスはありそうだと思っていたのですが、スタート直後、1コーナーで僕自身が原因となる接触をしてしまい、それに起因した混乱の中でリタイアすることになってしまいました」

 

「次のもてぎはオーバーテイクが難しいコースだと思いますし、前のグリッドからスタートできるようにしないといけないと考えていますので、しっかり準備したいと思います」

 

◆監督 山本雅史 のコメント

「思うようにアタックできない予選結果で三宅君は決勝12番手のスタートでしたが、スタート直後の多重接触の中でフロントウイング、フロントアーム、アンダーパネルを損傷して、そのままリタイアとなってしまいました。ただ、良い方向にはきているので、次戦のもてぎでしっかり戦って、良い結果を出したいと思います」

 

◆エンジニア 岡島慎太郎 のコメント

「今回の富士は走り出しのFP1がウェットだったので、第3戦鈴鹿の時のデータと、ドライでパフォーマンスが高かった開幕富士大会の時のデータを参考にウェットセットを考えました。パフォーマンスはまずまず高く、ウェットだった鈴鹿戦の時よりもベースセットの底上げができ、ウェットとしては良い発見がありました。ただ、予選に関してはタイミングの問題もあり、正直、満足なタイムは出せなかったのですが、あのポジション(12番手)で終わるパフォーマンスではなかったと思っています」

 

「日曜日朝のFP2では、開幕大会での良かったベースに追加のアイテムを投入し、バランスも良く、決勝に向けてポジティブだったので、スタート直後のリタイアは残念でした。次のもてぎは2レース制ですし、切り替えてしっかり集中し、今季後半戦の流れを挽回したいと思っています」

team-goh-PR